Close

2022年3月31日

三重県の而今?と桜ブリ?

先程は三重の桜ブリの入荷をお知らせしましたが、ぜひ桜ブリのお供に、同じ三重名張の『而今』を飲んでいただきたいです?

三重県木屋酒造で醸される「而今」は名張川の湧水を使い、米は伊賀産の山田錦を中心に、創業時からの築200年の蔵で昔ながらのすべて手作業というやり方で酒造りをしています。

「而今」とは今の一瞬という意味だそうです。過去に捉われず今だけを一生懸命生きる。何と潔い言葉でしょう。

まるで果実酒のように芳醇な味わいで、まろやかであるのにキレが良く、香りも素晴らしい「而今」はどの銘柄を選んでも必ずあなたを虜にするはず。( *´艸`)

そんな日本酒の最高峰ともいえる「而今」は人気が高いにもかかわらず、少数生産のため、入手が大変困難な酒としても知られています。
伊勢志摩サミットの乾杯酒としても選ばれ、さらに人気に拍車がかかっています。

旬美亭では「純米大吟醸」、「八反錦火入れ(純米大吟醸)」、「特別純米」、「NABARI」を揃えてあなたをお待ちしております。?

この時期だけの、三重のお酒と魚で贅沢な時間をお楽しみくださいね。