Close

2020年12月22日

十四代大吟醸『双虹』入荷!

皆さまおはようございます!雪の朝からすごいニュースをお届けしたいと思います。

な、な、なんと現在手に入れることが非常に難しい日本酒の代名詞、高木酒造の十四代!その中でも幻のお酒、『双虹』を入荷することができました!

人気に対して生産量が追い付かず驚くほどのプレミア価格がついております。(それは酒蔵の意思ではなくただただ、丁寧に造っておられるだけなのですが...)

「双虹」…そうこうと読みます。山田錦を用いた大吟醸。優しくフルーティーな吟醸香、酸味は少なく滑らかに旨味を引き出しています。後味も爽やかで幸せな気持ちをかみしめられることでしょう。

高木酒造伝統の製法、七垂二十貫で醸した最高傑作の一つです。二十貫(約75キロ)のお米から7垂れ程度、とわずかしか取れないことから名前が付いたとされています。昔はこの製法で造ると蔵が潰れると言われたそうです。それだけ贅沢に造られているんですね。

また七垂れ二十貫には斗瓶囲いの意味もあり、昔ながらの袋吊りで一滴一滴丁寧に自然に滴り落ちるお酒を集め、一升瓶が10本入る一斗瓶で低温熟成したお酒です。雑味のない繊細でふくらみに富んだ味わいがとてもバランスのとれたまさに究極の大吟醸です。

旬美亭にはこの「双虹」の他にも十四代を各種取り揃えております。ぜひお客さまのその目で確かめていただきたくスタッフ一同ご来店を心よりお待ちしております。

もちろん今宵も笑顔と共に(^▽^)/❤